恋とは違っても、あのままずっと側にいたらよかったのに
latest AFTERWORDS. || [2677.04.19.水.] > [2677.04.25.火.] [THIS PAGE.]
2677/04/25 21:07:33 [UPDATED.]
[2677.04.xx.] [SUBSTANCE.]
[2677.03.xx.] [SHORTCUT.]
SILENCE. / FORCEWORD. / list of AFTERWORDS. / MAIL. [OTHERS.]
[FEED.]
ゆきとさん / あすか / 妄想 / 志保ちゃん / huginn / markun壱 / mwa / nA / らいら / まこぴー [ANTENNA I.]
朝館 / ふにふに / kan / しあわせさがし / 杉田さん / 湯茶 / モラトリ / ゆんゆん / take-w1 / BLUE / then-d's / REV / fana / SSS [ANTENNA II.]
EWACS. type-T [PHOTOS.]
キッズgooはじかれサイト同盟 / mixi / Twitter / pixiv / Circle.ms / 体調不良部 / 庭には二羽 / NH3 / 飴玉魔力 [BELONG.]
通信販売のご案内 [SEKIGUCHI.]
おりくらはじめ / る印 [AUTHOR.]


[2677.04.25.火.]
[2677.04.25.火.] / 日刊・再読進捗。 / Illustratorスクリプトのこと。
日刊・再読進捗。
 進捗 : 79 / 153 (52%)
 大塚「アダルト図書館の先輩司書が好奇心旺盛で困ります」まで読了、七「クーデレお嬢様はなんか違う−タタナイ俺とドSな彼女−」再読に着手。

 最近あまり捗ってなかったのはちょっと他所事が立て込んでたため。
 でもまあ、とは言いながらも、午後12時の男「我が家のあの娘はエロゲンガー!?」を擁する2015年05月〜08月期に入ったりとか、地味に進んではいる。
2017/04/25 09:56:33
Illustratorスクリプトのこと。
 で、これが他所事の最大手。だった。
 2本目のオーダーメイド仕事に関して、昨夜の段階で細かい調整まで完了した状態のスクリプトを引き渡し済み。お仕事風に言うと「クライアントが検収印を押した」ところであり、少なくとも残作業的な話の上では、もうこの案件は過去の領分。よかったよかった。

 Illustratorで初のスクリプティング仕事だった前回ほどではないけど、今度もIllustratorの不思議な仕様や変な挙動には苦しんだ。まさか「適用されてるスタイルの名前を普通に取得する手段」がないとか思わねえよなあ‥‥‥(苦笑)。
2017/04/25 10:06:21
[2677.04.24.月.]
[2677.04.24.月.] / 日刊・再読進捗。 / Illustratorスクリプトのこと。
日刊・再読進捗。
 進捗 : 78 / 153 (51%)
 かっぷ「月をも砕くオナホール−史上最大のテクノブレイク−」まで読了、大塚「アダルト図書館の先輩司書が好奇心旺盛で困ります」再読に着手。

 「バイブ狂いの勇者があらわれた!」もそうだけど、「月をも砕くオナホール−史上最大のテクノブレイク−」も馬鹿馬鹿しさが突き抜けててすごい。荒唐無稽をやりきるのって大変だけど大事だよね‥‥‥。
2017/04/24 19:05:13
Illustratorスクリプトのこと。
 納品済みスクリプトにバグがあるのを見つけたり、クライアントから細かい要望があったり。
 少なくともスクリプティングの論理的な話の上では、それらのひとつひとつは大した修正じゃないので、またIllustratorのふしぎ挙動とかが現出するんでなければ(苦笑)恐らくあっさり片付く筈ではあるんだけど‥‥‥。
2017/04/24 19:20:26
[2677.04.23.日.]
[2677.04.23.日.] / Illustratorスクリプトのこと。
Illustratorスクリプトのこと。
 こんな夜中なので当然反応とかないが(苦笑)、現在版をさっき一旦リリースした。
 これで問題なく動いてくれれば、こっち方面は一息つける感じかなー。
2017/04/24 01:25:12
[2677.04.22.土.]
[2677.04.22.土.] / 日刊・再読進捗。
日刊・再読進捗。
 進捗 : 77 / 153 (50%)
 桐刻『暴走系ツンデレは言った!「覚悟しなさい、この鈍感野郎」』まで読了、かっぷ「月をも砕くオナホール−史上最大のテクノブレイク−」再読に着手。

 「月をも砕くオナホール」はTENGA版とそうじゃない版のどっちを対象にするのがいいんだろう、とかいうことを、実際手に取る段になるとどうしても考え込んでしまう。
 いやルールとしては決めているというか、「入口になって欲しい本」がいま手に入らないものを紹介したってしょうがないじゃん、という正論が厳然と脳裏にあるのは確かなんだけど、でも逆に、こういう勢いでオシリス文庫の話をする本なんて他にないんだから、そういう本ですら触れなくなったら存在自体なかったことにされちゃうよね、とかだって思うには思う。難しい‥‥‥。
2017/04/24 01:25:12
[2677.04.21.金.]
[2677.04.21.金.] / 日刊・再読進捗。 / チラシの裏。 / Illustratorスクリプトのこと。
日刊・再読進捗。
 進捗 : 74 / 153 (48%)
 田中まさみ「固めていじめてツインテール〜時空管理官の観察日記〜」まで読了、青野蜂子「一週間限定男子。〜私が男になった途端、女友達が発情した件〜」再読に着手。

 やっと半分のラインに手が届くところまで来た。153の半分は76.5なので、読中含めてあと3冊、上から77番目にあたる桐刻『暴走系ツンデレは言った!「覚悟しなさい、この鈍感野郎」』まで読み終われば50%は越える。

 そして、4ヶ月刻みで輪切りにした時間単位を「期」と称する場合、そこからさらに2冊読み終えると2015年01月〜04月期を通過。
 その次にある2015年05月〜08月期がやはり個人的には最も感慨深いところで、今まさに僕が準備中のソレは勿論のこと、いろんなアレコレやがそんなことになってしまったことの発端ともいえる午後12時の男「我が家のあの娘はエロゲンガー!?」が、遂に、もう何度目かの俎上に上がることになる。
 そこを踏み越えてなお里程が4割以上も残っているという道程の凄まじい遠さにも戦慄を禁じ得ないけど(苦笑)。

 そしてさらにその次、2015年09月〜12月期では‥‥‥まあ物語じゃないのでそれ自体の感想書いたりとかは特にしない予定ながら、オシリス文庫編集部『「このエロノベルが本当に面白い」読者対談!ラノベ世代の官能小説《オシリス文庫》無料マガジン特別号』が世に出てるし、必然、その中で言及の対象とした本と、それ以降に出た本との境目(2015年09月新刊までが対象)をも通過することに。

 2015年の夏から暮れに向かう期間がああいうものであったから、例えば僕は今、再び全部を再読することになったりしてるワケで。
 ある意味においてはこの辺が現状のルーツともいえる期間であり、そう考えると僕個人的には大事な期間。急がないといけない事情もあるにはあるけど、でも大事に振り返りたいところ。
2017/04/21 11:00:31
チラシの裏。
 あまりに遠い道程を踏破する必要に迫られた時、その「あまりに遠い道程」全部の遠さ加減ばかり見て途方に暮れてるだけでは何もどうにもならないので、途中に細かくゴールを設定して、全部じゃなくて「次のゴール」を都度目指しながら進んでいくのがコツですね、っていう当たり前な知恵のありがたみを再認識中(^^;;;。
 取り敢えず時間を輪切りにする単位を考えるとか、一見「余計なこと」っぽいことのためにアタマ使っておいて大正解‥‥‥。
2017/04/21 11:34:30
Illustratorスクリプトのこと。
luci2
21:36:18
 : グラフィックオブジェクトが何もない.aiファイルにグラフィックスタイルの付いた何かをコピペした場合、CS6では出現しなかった「適用中のグラフィックスタイル」が、CC2017だとパレットに出現するのをいま確認した。なら段落スタイルを使った迂回とかしなくても直接名前が取得できる。
 こういう感じの下調べや、結果積み上がった要素技術をCC2017上で現物合わせする作業を概ね終え、クライアントと「ここはこういう要素技術をこう応用してクリアする方向で」とかそういう話が済んだところ。フェイズでいうとここまでは「調査」で、ここから先が「製造」というか、実際のモノづくりにあたる部分。
 こっちが説明しなくても調査フェイズの大事さがちゃんとわかってるクライアントで、本当、話がしやすくて嬉しい‥‥‥。

 それはさておき。
luci2
23:42:20
 : Illustratorでif(!confirm(〜)){exit();} とか書くと「exitは関数ではない」って言われるんだけど、なんでexit()ないの? つーかIllustratorのJavaScriptって、exit()ないなら処理終了したい時はどうしてるの?(^^;;; pic.twitter.com/XfosVN0LJA
luci2
23:45:10
 : exitの括弧のあるなしとかの問題ではないみたいだし、大体この構文ってInDesignのJavaScriptでは普通にexit()できるの知ってるから持ってきてるんだけど、なんで同じJavaScriptの筈なのにこんなJavaScriptっぽい部分の挙動が違うの?(苦笑)
luci2
23:48:33
 : Illustratorスクリプティング謎が多すぎる‥‥‥
 本当Illustratorのスクリプトどういうことなの(苦笑)。
2017/04/21 12:01:43
[2677.04.20.木.]
[2677.04.20.木.] / 日刊・再読進捗。 / 日記メンテ。 / 幾屋大黒堂「境目のない世界Append」のこと。
日刊・再読進捗。
 進捗 : 71 / 153 (46%)
 かすが朱里「絶対君主の幼なじみがケモミミのはずがない」まで読了、あすなゆう「サキュ堕ちしちゃうぞ!〜おねえちゃんは専用サキュバス〜」再読に着手。

 ↓にもあるけど、この日記の最新7日分を表示するファイル(index.html)には左サイドにいろいろ画像が貼ってあって、BOOK☆WALKERアフィリエイトを兼ねてその中に表示している「お薦め電子書籍」のところに何の本を表示するか、っていうのは僕が決めてる。具体的にはJavaScriptのリストがあって、index.htmlと一緒にそれがローカルへダウンロードされることによって、そういう様々なものが纏めて表示されるんだけど。
 オシリス文庫の全巻再読を通して、これはこのリストに追加でいいんじゃないかな、っていうものがぼろぼろ再発見されてる。でも、今のタイミングであまりそこに触れすぎると夏コミ新刊の内容がだだ漏れになってしまいかねないので(^^;;;、それ由来の書籍情報追加は夏コミが終わってから、ということにしようかと。
2017/04/20 10:07:28
日記メンテ。
 せっかくだから幾夜大黒堂境界のないセカイ」「性転換教室」を左サイドの表示候補に追加しようと思い立ち、その作業を通して、またBOOK☆WALKERが画像名やURLのルールを変えていたことが明るみに出るなど(苦笑)。‥‥‥とはいえまあ、そんなことのために僕にアイサツしなきゃいけない理由なんか先方にないのは百も千も承知の話であって、こちらが先方の様式に合わせる形で粛々と仕掛けを直すしかないワケだけど。
 あ、「境界のないセカイ」は続き物の先頭って意味合いで1巻だけ表示対象にするか、僕の考える問題の核心が3巻なので3巻だけ表示対象にするか、いっそ全部並べとくかでちょっと迷って、取り敢えず一旦、3巻だけ表示対象にしている。

 あと、前段でも触れたけどこれ実はアフィリエイト的な奴で、左サイドのサムネイルとか表示候補一覧からBOOK☆WALKERの該当書籍に飛んでそのまま決済が実行された場合、僕のアカウントにポイント(サイト内では「コイン」と呼ばれているもの)が入ることになってる。
 過去に一度だけこのポイントが実際に入ったことがあって、それはそれで嬉しかったものの、でも細かいレポートとか別に来ないので「何の本が決済されたから」ポイントが来たのかわからなかった、っていう点には個人的にすごく残念感があった。いや「誰が決済したのか」とかは個人情報そのものだし、ソレを教えて欲しいだなんて冗談でも思わないけど(笑)、「何の本が決済されたから」ポイントが加算されたのか、は教えてもらえると嬉しいんだけどなあ。
2017/04/20 10:40:22
幾屋大黒堂「境目のない世界Append」のこと。
 作者本人が作ったスピンオフ同人誌。

 楽しみにしていた後日談の部分である「NextGeneシリーズ」を読み始める前のページに「未完です」って書いてある(実際途中で唐突に終わる)のがちょっと拍子抜けというか残念感高かったんだけど、でも読んでみたところ、やろうとしていることが完全に「境界のないセカイ」の最終パート(ヒロイン3人の話として登場順に1/3ずつ全体をスライスする場合、3番目に登場するヒロインの部分)と丸被りであり、つまり「境界のないセカイ」の話が来なければ「NextGeneシリーズ」でああいう話をやろうとしてたのか、ということに関しては超・納得だし、「ここに活かすために他で使わないことにした」っていうのもすごくよくわかる(笑)。
 んでまたそこがピックアップされてるのも当然といえば当然で、絶対にこの世界でしか起こり得ない、この世界ならではの社会的な問題の犠牲にされた後になって始まる3人目のヒロインの話以外は、まあ大体が所謂「恋愛感情の話」の範疇に収まる内容だと思う‥‥‥と来れば、この世界の物語が見せたいもの、この世界を通して描く意味のあるもの、と作者が考えるポイントは当然ソコであるだろう。頷く他はない。

 ただまあ、中断終わりの「NextGeneシリーズ」がまた絶妙に気になる場面で止まってるのも確かで(苦笑)。
 せっかく出張って行ったところなんだし、あの魚住と嵯蔵が問題の局面をどう収めようとしたのか、みたいなトコにも正直言うと興味はあるものの、成り行きが成り行きだけに致し方なし。
2017/04/20 14:11:28
[2677.04.19.水.]
[2677.04.19.水.] / 日刊・再読進捗。 / Illustratorスクリプトのこと。
日刊・再読進捗。
 進捗 : 67 / 153 (44%)
 トカ「人狼、その恋、無慈悲にも。」再読中。

 ごめん進んでない(^^;;;。
 幾夜大黒堂境界のないセカイ」を読んだり、「性転換教室」のDLSite版とBOOK☆WALKERを並べて見比べたりしてた。「境界のないセカイ」読み終わったので今日から再開予定。
2017/04/19 10:07:57
Illustratorスクリプトのこと。
 いや本当にもう、「訊いたら答えてもらえる」方がいるというありがたさを噛み締める昨今です。
luci2
11:15:50
 : 【ゆる募】IllustratorのJavaScriptで、オブジェクトに適用されたグラフィックスタイルや段落スタイルの名前を取得する方法。IllustratorのGUI上は関連が目に見える(オブジェクトを選択すると該当スタイルが反転する)ので、何か方法あるような気はするけど‥‥‥
sttk3com
21:28:11
 : @luci2 直接取る方法はない気がします。「まっさらな書類に複製してみて付いてきた奴」とか「削除のアクションを実行してみて消えた奴」など間接的になら取得できます。プロパティはヘルプ:オブジェクトモデルビューアで検索可能。
luci2
21:32:28
 : @sttk3com やっぱりないですか‥‥‥。ありがとうございます。なんか対処を考えてみます。
 「まっさらな書類に複製してみて付いてきた奴」ってのは、訊いた時点では思いついてなかった方法論。
 この線は行けるんじゃないかと思ってちょっと調べてみたんだけど、
sttk3com
21:28:11
 : @luci2 直接取る方法はない気がします。「まっさらな書類に複製してみて付いてきた奴」とか「削除のアクションを実行してみて消えた奴」など間接的になら取得できます。プロパティはヘルプ:オブジェクトモデルビューアで検索可能。
luci2
10:01:42
 : 今これをIllustrator CS6で実験してみているんだけど、デフォルト以外のスタイルを全部除去した.aiファイルにスタイル付きのテキストフレームをコピペした場合、段落スタイルはコピー元から複製されるけど、グラフィックスタイルは複製されないみたい。
luci2
10:05:19
 : グラフィックスタイルを適用してるスクリプトも多分僕のスクリプトだと思うので、グラフィックスタイルと同名、かつ内容のない段落スタイルをグラフィックスタイルと一緒に適用するようにしておけば、そのフレームを空の.aiファイルにコピーして、増えた段落スタイル名を拾うって方法は使えるかも。
luci2
10:07:22
 : あとはまあ、本当のターゲットはCS6じゃなくてCC2017なので、「CC2017ではグラフィックスタイルも複製されます」的な挙動の違いがあるようであれば、元スクリプトの改修とかは必要ない。それは退勤しないと試せないのでまた後で。
 取り敢えずIllustrator CS6では、「まっさらな書類に複製してみて付いてきた奴」を実際やった場合、段落スタイルはメニュー中に現れるけどグラフィックスタイルはメニュー中に現れない、ということがわかった。つまりこの手法で「適用されているグラフィックスタイルの名前を取得する」のは(少なくとも手元のCS6では)無理なので、この方法でスタイル名を取得するなら、グラフィックスタイル適用時に同名の段落スタイルも(なければその場で作って)適用しておくような下準備が要りそう。

 あと、理由はさっぱりわからないんだけど、
luci2
12:50:23
 : duplicate()して別ドキュメントへmove()したフレームをremove()するとIllustrator自体が死ぬ、という問題を、app.undo()によって「move()をなかったことにする」ことで解決する泥縄感(苦笑)
 こんなような現象も起きてたりとか(苦笑)。なんでやねん。
2017/04/19 13:17:47


このサイトでは、オーガスト, May-Be SOFTの画像素材を借用しています。[COPYRIGHTS.]
無断リンクも直接リンクも諸々含めてご自由にどうぞ。直接リンクの要領はこちらです。 [NOTICE.]
[2677.03.xx.] [SHORTCUT.]
[2677.04.xx.] [SUBSTANCE.]
SILENCE. / FORCEWORD. / AFTERWORDS. latest : list / MAIL. [OTHERS.]