前から後ろから右から左から、あなた方がさ、黄色人種だか白人だか黒人だか知らねえよ。だけど歌いたいわけ!
latest AFTERWORDS. || [2678.06.03.日.] > [2678.06.09.土.] [THIS PAGE.]
2678/06/09 09:54:17 [UPDATED.]
[2678.06.xx.] [SUBSTANCE.]
[2678.05.xx.] [SHORTCUT.]
SILENCE. / FORCEWORD. / list of AFTERWORDS. / MAIL. [OTHERS.]
[FEED.]
ゆきとさん / あすか / 妄想 / 志保ちゃん / huginn / markun壱 / mwa / nA / らいら / まこぴー [ANTENNA I.]
朝館 / ふにふに / kan / しあわせさがし / 杉田さん / 湯茶 / モラトリ / ゆんゆん / take-w1 / BLUE / then-d's / REV / fana / SSS [ANTENNA II.]
EWACS. type-T [PHOTOS.]
キッズgooはじかれサイト同盟 / 体調不良部 / mixi / Twitter / pixiv / Circle.ms / GitHub / GAMES / 飴玉魔力 [BELONG.]
通信販売のご案内 [SEKIGUCHI.]
おりくらはじめ / る印 [AUTHOR.]


[2678.06.09.土.]
[2678.06.09.土.] / 「InDesignで合同誌を編集する人のための、連続ダーシを繋げる本。」のこと。
InDesignで合同誌を編集する人のための、連続ダーシを繋げる本。」のこと。

 誰のための何が書かれた本なのかはタイトルを読んでいただければわかると思います。
 僕史上初めて、電子書籍版で頒布することが前提の、何らかの同人誌即売会に合わせることを狙っていない同人誌です。BOOTHのページを公開しましたので買える状態になってる筈です。是非。
2018/06/09 09:37:16
[2678.06.08.金.]
[2678.06.08.金.] / 「<Circle.ms>当落情報検索 コミックマーケット94当落速報のお知らせ」
「<Circle.ms>当落情報検索 コミックマーケット94当落速報のお知らせ」
luci2
17:08:25
 : ◎貴サークル「CANDYFORCE」は、土曜日 東地区“テ”ブロック−25b に配置されました。 受かったので新刊のための課題図書をこれから読みまくります‥‥‥(笑)。
luci2
17:09:39
 : あと、これでいよいよ本当に、連続ダーシの本からは一旦手を離さないといけない状況でもありまして、そちらは当初予定の通り、まずBOOTHでは明日から頒布を始めます。イベント売りのことはもうちょっと差し迫ってから悩むことにします。
 つーことで、受かりました。
 全然まったく予定になかった連続ダーシの本とかにうっかり血道を上げてしまいましたが(苦笑)、ここから先はC94新刊として本来予定していたものを作るための動きに集中していくことにします。まずは確保済みの二次元エンド本を最低9冊は読む‥‥‥。
2018/06/08 18:04:13
[2678.06.07.木.]
[2678.06.07.木.] / 偽偽DTPオペレータ部活動。
偽偽DTPオペレータ部活動。
 例えばBOOTHとかTwitterなんかに内容のサンプルを投稿したい場合にあると便利な「PDFファイルをページ単位で画像に切り出す処理」に関する考えごと。
 と一連の処理のように書いてしまうと一連の処理になってしまうんだが、この処理を
  1. 指定したPDFファイルをページ単位でInDesignドキュメントに貼っていく処理
  2. (指定したPDFファイルがページ単位で貼られた)InDesignドキュメントをページ単位で画像に切り出す処理
 このように分割した場合、2.の部分に関してはそこそこ決定打に近い段階のスクリプトが既に手元にあるワケなので、具体的には「1.の部分を実現する」ための考えごと。

 ‥‥‥は、別に自分で考えなくても本当はいいんだけどね(苦笑)。 (InDesignのインストール先)\Scripts\Scripts Panel\Samples\JavaScript\PlaceMultipagePDF.jsx というサンプルスクリプトが実はInDesign自体と一緒にインストールされてる筈で、それが多分、そのものずばりの「PDFファイルをページ単位で画像に切り出す処理」だと思うので。
 でもまあ、こういう車輪の再発明はやればやっただけ僕の知識になるのだし、本当にわからんこと以外はソレを見ないで自力開発してみよう、というのが現在の取り組み。

 この中で困ったのは、端的にいうと「PDFファイルに中身が何ページあるのかを事前に知る方法がない」点。
 しかも、だから例えば『32pのPDFに対して「PDFの33pをInDesignドキュメントのこのページに貼れ!」とかやったら失敗するからそれをtry〜catchで』とか目論んだんだけど、どうやらこの仕組みって「存在しないページが指定された場合は代わりに先頭ページを貼る」ような動き方をするみたいで、失敗しないのでtry〜catchには引っ掛からず、33p以降として延々表紙を並べ続ける無限ループに陥る(苦笑)。

 では先述のサンプルがスクリプトそこのところをどうやって誤魔化してるのか、気になったので読んでみたところ、
app.pdfPlacePreferences.pageNumber = myCounter;
myPDFPage = myPage.place(File(myPDFFile), [0,0])[0];
if(myCounter == 1){
	var myFirstPage = myPDFPage.pdfAttributes.pageNumber;
}
else{
	if(myPDFPage.pdfAttributes.pageNumber == myFirstPage){
		myPage.remove();
		myBreak = true;
	}
}
 抜き書きするとこのあたり。
 myPDFFileの何ページ目を貼るかは app.pdfPlacePreferences.pageNumber に数値を代入することで指定し、その次の myPDFPage = myPage.place(File(myPDFFile), [0,0])[0]; で該当ページをmyPDFPageに貼る。実はこの2行と myCounter をカウントアップする1段階外側のループがあれば「順繰りに貼る」こと自体はできるんだけど、問題はその処理の止め時をどう設定するか、の部分。
 で、その解なんだけど、上記でいうと3行目以下がそう。
 まず myCounter == 1 の条件を満たすのは最初のページを処理する時なので、その時点の myPDFPage.pdfAttributes.pageNumber (実際に貼られたPDFのページ番号)を押さえておく。
 次。この処理で myCounter == 1 の条件を満たさないのは2ページ目以降を処理する時なんだけど、その場合は、即ち2ページ目以降の処理をした際には、いま実際に貼られたPDFのページ番号と、先頭ページに実際に貼られたPDFのページ番号が同じかどうかを確認している。同じである場合は「存在しないページが指定された場合は代わりに先頭ページを貼る」機能が働いたものと見做し、いま作ったページを除去してループを抜ける、という動き方をしているみたい。

 つーか、なんでこんな変な手法を使わないといけないのだろう‥‥‥(^^;;;。
2018/06/07 15:57:52
[2678.06.06.水.]
[2678.06.06.水.] / 偽偽DTPオペレータ部活動。 / それに付随して。
偽偽DTPオペレータ部活動。
 厳密に言うとこれは別に夏コミ新刊のつもりで作ってるモノじゃないので、そろそろ「こっちばっかり捗ってもしょうがない」点についてもっと留意しないといかんのだが(苦笑)。
luci2
21:58:50
 : 連続ダーシ本は大体できた。当落の翌日くらいからBOOTHに出すつもりでいるんだけど値段は悩み中。物理的な冊子とかは元々ないけど、スクリプトとかテストデータとか付けてるしなあ。あと手数料があるのでどうしてもキリのいい額面になりづらいし。
luci2
23:00:12
 : 取り敢えずBOOTHにページは作ったけど一応まだ最終確認中ということで。
luci2
23:07:24
 : 夏コミ受かってたらイベント売りもしますが、基本的にはmicroSDによるメディア頒布でBOOTHからDLできるものと内容一緒。紙の冊子はありません。まあ見本誌提出(しないかも)用とスペース常備用を作るので、ついでに多めに作って冊子付き限定版出すかもですが、頒布価格たぶん1000円越えます‥‥‥。
stscd
23:08:32
 : @luci2 キングコア再来や(笑
luci2
23:12:21
 : @stscd でもキングコアは本当に冊子作るだけで1000円越えてたんですけど、今回はページ数が半分近いので、秋葉原製作所の値段ベースで600円強くらいのところに落ち着きそうです。となると、本来の価格+700円として、最低1200円とかそのくらいにはなっちゃいますね‥‥‥。
stscd
23:15:33
 : @luci2 そういやあれ表だけのためにカラー印刷だったねぇ(笑 まぁ実費は仕方ないかと。
luci2
23:18:27
 : @stscd 奇しくも今回も、内容はフルカラーだけど表紙はモノクロデータという例のアレです(苦笑)。
stscd
23:20:14
 : @luci2 読んでるときに全然意識してなかったw 確かに内容カラーだw
luci2
23:21:37
 : @stscd だからPDFを直接頒布するスタイルをとらないと割に合わないのです。完全に「作ってみたい」欲求100%だったキングコアと違って、今回のこれは手に取られないと意味ないので。
stscd
23:27:49
 : @luci2 まぁでも技術書マニュアル類はPDFってのが一般化したからそういう点ではPDF頒布は合ってるのかな。//マニュアルをPDF頒布しかしてないのに何故かモノクロ仕様とかいう三菱電機とかいうのがいるけdくぁせdrftgふじこ
 つーことで、連続ダーシ本はPDFの内容が概ねfixし、もうBOOTHにはページ作ったしサンプル画像もデータも上げてあるけど、公開してないのでまだ誰もアクセスできない、という状態まで持って行ってあります。
 今から想定外の瑕疵が発覚するようなインシデントがなければ、取り敢えず現状版を当落発表の翌日、06月09日のどこかのタイミングで(笑)DL版頒布を開始する予定です。何故06月09日なのかっていう部分には実はそんなに意味とか思い入れとか特にないくて、まあ、大体その辺かなあと思って奥付に予め日付入れちゃってあるので、とかそのくらいの感じです。
連続ダーシを繋げる本。_v0100.pdf
  • 「InDesignで合同誌を編集する人のための、連続ダーシを繋げる本。」冊子本体
  • B5判・左中綴じ・表紙込み24p・電子書籍(PDF)
append.zip
  • 以下のデータをzip圧縮したもの
    • ExtendScript(棒っぽい文字一覧作成.jsx)
    • 正規表現スタイルのテストデータ
    • ExtendScriptのテストデータ
 これら2個のファイルによって構成される電子書籍とそのデータのセットで、頒布価格は今のところ500円+手数料(これだけを購入する場合は110円だと思います。つまり実質610円)を予定しています。
 このタイミングで手に入っていれば、「夏コミ向けにこれからInDesignで編集作業を」っていう人でも実制作にギリギリ間に合うのではないでしょうか。是非ご活用ください。

 あと、ツイートにもある通り、夏コミ以降のイベントに受かっていればメディアの直接頒布を実施すると思います。そもそも、何か技術書を作ってみようと思い立ったこと自体が「技術書典技書話人伝のようなイベントにサークル参加してみよう」という自分内チャレンジ企画の一環でもあるワケなので、これができないのは本末転倒、くらいの意気込みです。

 ‥‥‥でした(苦笑)。

 いや当初はイベント価格もDL版と同額(500円)にしようと思ってたんですが、今ぱっと調べた感じ、想定していたmicroSDとかだとメディア代だけで大体そのくらい掛かっちゃうっぽいので、
  1. 泣き寝入る
    (ぜんぜん儲からないがイベント価格も500円程度を維持)
  2. メディア代を踏まえた値段にする
    (例えば「イベント価格は1000円」とか)
  3. メディアをCD-Rあたりに変更する
    (あまりやりたくない)
  4. イベント会場には冊子版の見本誌のみを置いて直接頒布はしない
    (そのもの自体は全員BOOTHで買ってください)
 この辺何か考えるかも知れません。というか、ちょっとメディア代のリサーチしに秋葉原へ行かなきゃ‥‥‥。
2018/06/07 15:57:52
それに付随して。
 なお、これまでと同様にBOOTHでないサイトを経由する形になりますが、途中のタイミングで僕の方から内容確認へのご協力をお願いした皆さんには、DL版頒布ページ公開以降にv01.00(正式版ファーストバージョン)一式が取得できるURLを順次通知いたします。ご笑納いただければ幸いです。
2018/06/07 16:30:28
[2678.06.05.火.]
[2678.06.05.火.] / 偽偽DTPオペレータ部活動。
偽偽DTPオペレータ部活動。
luci2
14:08:12
 : 無駄に壮大な現在版表紙 pic.twitter.com/tIinsh2a57
 絵面のバランスも含めてまだ微調整中。
2018/06/05 12:47:10
[2678.06.04.月.]
[2678.06.04.月.] / 今日は休み。 / 昼。 / 昼〜夕方。 / 夕方〜夜。
今日は休み。
 常駐先が創立記念日で営業してないので常駐組みは全員有給休暇。

 浦安が舞台の話がある、っていうのはちょっと小耳に挟んでたので、昨日スイさんちで遊んでる時に、取り敢えず「孤独のグルメ Season7」のその部分だけ見せてもらったんだけど、この銀ダラの煮付けが超絶に美味そうだったのと、たまたまパパさんも有給とってる日だったので、多分僕史上初、「孤独のグルメ」の店に行く話が纏まった。
 早めに浦安駅に着いて、今は待ち合わせ時刻を待ちながら、この日記を補完したり、連続ダーシのPDFに細かい修正を加えたり。
2018/06/04 09:55:03
昼。
 東西線浦安駅から10分くらい歩いたところにある「羅甸」(らてん)というお店へ。
 10時30分待ち合わせだけどそれよりちょっと早めに集合し、10分くらい歩いて店についた段階で、ド平日の真っ昼間だというのに先客が8人だかくらい開店待ちをしており、僕らの後にも4人だか5人だか来たところで開店。
 これでちょうど店内が目一杯くらい。
luci2
10:55:30
 : 規定演技 pic.twitter.com/H5Ky9wIHMc
luci2
10:58:55
 : もずく pic.twitter.com/S2VRwBVfCJ
luci2
10:59:52
 : 知ってるのと味とか食感とか違う‥‥‥
luci2
11:04:53
 : 銀ダラ&サバ塩。確かに黒い‥‥‥ pic.twitter.com/kyPQ4sG8VK
 客が来すぎる状況だからか、緊急避難的なメニュー統廃合の形跡があり(サバ味噌煮なかったんじゃないかなあ? 代わりに銀ダラの煮付け・サバ塩焼き(・刺身)が最初からセットのメニューが存在)、食後サービスのコーヒーはホットが消えてアイス一択(作り置きできるからだと思う)、焼き魚にはちょっと冷めてた感もあり(作り置きしたんだと思う)。
 ‥‥‥とはいってもまあ、届いた銀ダラとサバ塩のうちサバ塩側から解体始めて、うーんなんかちょっと冷め気味ーとか心の中では言いながらも、結果からいうとそのサバ塩を食い終わる前にして既にご飯が一杯空になってる勢いなんで(笑)、加点3億点に対して減点15点とかそのくらいの感じと思ってもらった方が多分正確。
 まさにドラマパート放送後の久住昌之が満面の笑みで「やばい、ビールに戻れない‥‥‥」とか言いながらご飯食ってたあの感じ。いや本当に、僕らもビールともずくを追加注文してたんだけど、メインディッシュは定食スタイルだからご飯が一緒に届いてしまうワケで、まあそれからのビールが全然進まないことといったら(笑)。美味かった。

 こういう感じで店が忙しくない時にもう一回行きたいなあ、とか。
2018/06/05 10:59:50
昼〜夕方。
 取り敢えずで秋葉原に移動。
 SHT22のリプレイス候補であるところのHUAWEI MediaPad M5の現物をちょっと見たり、バンダイ脅威のテクノロジー・Figure-riseLABO ホシノ・フミナの素組み見本(僕は初めて見た)に感嘆したり、所謂「新ルノ」が営業してないのを確認したりしつつ、取り敢えずで昭和通りのルノアールに転がり込んで、電源が確保できたので細かい作業を幾つか。
 いちばん捗ったのはグラブルだけど(苦笑)。
2018/06/05 11:14:26
夕方〜夜。
 昼の魚が美味しかったから魚は避ける、以外の要求がない面倒なシチュエーションから、結局順順餃子房秋葉原本店で中華。
 僕はここ割と好きなのでまた来ると思う。
luci2
18:16:45
 : 餃子を捧げよ。 pic.twitter.com/krXXgjV0Sy
 実はこの日も平日だけど翌日も平日なので(苦笑)、食後呑みに行くとかそういうのは止めて素直に散会。
2018/06/05 11:23:38
[2678.06.03.日.]
[2678.06.03.日.] / 偽偽DTPオペレータ部活動。 / 試し斬り:オインクゲームズ「ふくろと金貨」(3-6人) / メビウスゲームズ「ゲシェンク」(3-7人)
偽偽DTPオペレータ部活動。
luci2
11:40:36
 : 連続ダーシの本は大体できた。‥‥‥ことにした(笑)。夏コミ向けの編集工程に間に合わないと意味ない場合があるかも知れないし。
luci2
11:43:35
 : 散々悩んだ表紙についてはNASAから画像を借りることにした。現状こんな感じ。 pic.twitter.com/2diy31CcG1
luci2
11:46:12
 : 本としてはB5判で表紙込み24p、今回は仕方なく表2・表3あり(画像の出典と奥付はそっちに逃がさざるを得なかった)。表紙はモノクロだけど本文カラー(笑)。
luci2
12:35:51
 : 現在版PDFは一旦できたし、別媒体(SHT22とか)で見直すのも兼ねて、PC畳んで昼飯にするか。
luci2
12:48:15
 : 頒布は基本BOOTHでDL販売、同人誌即売会にも持っていくけどmicroSDHCか何かでメディア売り(物理書籍なし)の予定なので、物理書籍は作らないから値段は何でもいいといえばいいんだけど(作ると原価で1000円越える筈^^;;;)、まあ500円(+所定の手数料)くらい?
luci2
12:53:55
 : や、そうでもないな。大帝国のキングコア本は40ページとかあったから原価の時点で4桁だったけど、今回は全ページフルカラーで出力して、秋葉原製作所で623円とかそのくらいだから、纏めて1000円とかでも一応いけないことはない‥‥‥でもメディア付きコピー誌に1000円払いたい?(苦笑)
 もうこの辺で最終確認のフェイズに入るつもり。
 BOOTHのDL販売で買える状態にする期日としては06/08(金)前後くらいを想定。
2018/06/03 13:45:35
試し斬り:オインクゲームズふくろと金貨」(3-6人)
 PDF作る作業に一段落ついたところでイエローサブマリンに出向いて購入。このために最初から秋葉原に陣取っていたのだ!(笑)
luci2
14:45:03
 : 奥行きが5割増し pic.twitter.com/SLZL957aif
luci2
15:33:57
 : 「ふくろと金貨」の麻袋とコイン。袋はボールペンくらいの丈で、コインは100円玉より一回り大きく、一回り薄い感じ。 pic.twitter.com/f3BOOC3Kh4
luci2
15:38:48
 : 手元の定規でざっと測ってみた。袋は横9.5cm、縦13.6cm、底面から巾着紐までの高さが11.5cmくらい。コインは直径2.5cm、厚みは最厚部(縁)で2mmくらい。
luci2
15:40:46
 : 仕舞うのちょっと難しいかも。上手く収めないと中身の厚みが箱のサイズ以下にならないかも。まあ僕はバラしてデッキケースに入れちゃうけど。
luci2
15:47:02
 : まあ結論は回してみてからのことにしたいが、「ゲシェンク」のコンポーネントとして麻袋と金貨を流用するのは大変アリなサイズ感なんじゃなかろうか(笑)。
 思いの外あっさり買えたので、それからパパさん&スイさんに連絡とって試し斬りの予定を入れ、とはいえ今日はそんなつもりじゃなかったから「ゲシェンク」持ち出してないので、仕方なく行き掛けに「ゲシェンク」をひとつ買い足してスイさん宅へ。

 これを買ったことの狙いはふたつある。
  • 「ふくろと金貨」自体を遊ぶ
  • 「ふくろと金貨」のコンポーネントである麻袋と金貨を「ゲシェンク」のコンポーネントとして転用する
 で、まずは「ふくろと金貨」そのものを2周回してみた。
 ルールがざっくりしててわかりやすいし楽しいんだけど、自分の袋の状態も知らずに始める感じなので、運ゲー以外の何かにはなりにくいんじゃないかなコレ、とは思う。あと人数は多い方が多分楽しい。3人で始めて1人脱落すると、大体最後の答え合わせはフェイズ自体がなくなる。
2018/06/04 09:22:01
メビウスゲームズゲシェンク」(3-7人)
 で、ゲシェンク。
 相変わらず超・盛り上がるので、人が集まる部屋には常備でいいんじゃないかと思い立ち、行き掛けで買い足した2個目は最初からスイさんちに無期限貸し出しする気満々(w。

 早速「ふくろと金貨」のコンポーネントを転用してみた。
 敷物敷かないとテーブルによってはコインが拾いづらい、とかはあるがまあそれはそれとして、「ゲシェンク」自体に封入されてる(吹けば飛ぶような)チップと違ってコイン自体が大きくて重くて目立つので、まず、失くしづらいだろうなコレ、っていうメリットはあると思う。
 11枚くらいだと手に持ってても邪魔じゃないし、サイズ感も大変よい。
 そして麻袋、手元でコインを纏めて持っておくのに大変便利。‥‥‥あまり細かいことを言うのも何だが、この麻袋の品質がイマイチといえばイマイチで、袋の内側に回ってる布の端がなんにも処理されてないので、コインを出したり入れたりしてると端から次々解れて、繊維というか糸の単位で抜けてくる、という問題はある。まあ縫われてる線までしか進行しない筈なのでそのうち止まりはするんだろうけど、鬱陶しいのは確か(苦笑)。

 とはいえ、転用すること自体に関しては大変よい手応えだった。
 今後「ゲシェンク」は「ふくろと金貨」とセットで運用することに決定。
2018/06/04 09:39:56


このサイトでは、オーガスト, May-Be SOFTの画像素材を借用しています。[COPYRIGHTS.]
無断リンクも直接リンクも諸々含めてご自由にどうぞ。直接リンクの要領はこちらです。 [NOTICE.]
[2678.05.xx.] [SHORTCUT.]
[2678.06.xx.] [SUBSTANCE.]
SILENCE. / FORCEWORD. / AFTERWORDS. latest : list / MAIL. [OTHERS.]